吉田雅裕とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、10人目は水泳がメインの吉田雅裕コーチです。
吉田コーチは東京を拠点に活動されており、フォームなどの泳法のみならず筋トレやストレッチなども指導が可能なコーチです。自身も元アスリートとして全国大会出場やファイナリストになった経験を持っています。引退後は大手フィットネスクラブで指導方法の基礎を学び独立。今では前回インタビューを行なった福井コーチと共にマスターズスイマーの方や子供の指導に当たっており、水泳をライフワークにしてもらう為、お客様と一緒にレッスンや大会にも出ています。今回はそんな吉田コーチの過去について探ってみたいと思います。

コーチ紹介

吉田雅裕(ヨシダマサヒロ)
1984年7月生まれ 東京都出身
狭山ヶ丘高等学校~東海大学~フィットネスクラブ~ザ・スター
水泳を最近始めた人など初心者の方に向けたレッスンが得意な彼。自分の泳ぎをキレイにしたい方、どこを直せば良いのか知りたい方にはオススメのコーチ。また、他のコーチからの信頼も大きく、常に周りに気をかけながらレッスンの指導にも当たっています。まずはどの年代の方でも、水泳が上手くなりたい方は吉田コーチに問い合せてみてはいかがでしょうか?

インタビュー

インタビュー日(2017-8-26)
▶初めまして。今日は宜しくお願いします。まずは自己紹介をお願いします。
初めまして、吉田雅裕です。年齢は33歳で、水泳の自由形中距離(200m,400m)から、大学時代は短距離(100m)もやっていました。

▶出身はどちらですか?
出身は生まれも育ちも東京です。ただ、東京なんですけど市なんですよ。小平市ていう所に住んでいたんですけど、ずっと「東京のお荷物の所でしょ?」って言われてましたね。(笑)「東京は23区だ!」って言われてて…(笑)

▶そうなんですね。(笑)東京でも場所によって違うんですね。
はい、格差があります。(笑)

▶水泳はいつからやられているんですか?
水泳は4歳ですかね。初めてスイミングスクールに行き始めたのが確か4歳だったと思います。そこからずっとやってました。

▶スイミングスクールに通い始めたキッカケは何だったんですか?
キッカケは。。。僕次男なんですけど、兄がはじめにスイミングスクールに通っていたんですね。それで親と一緒について行ってて、はじめは見てただけなんですけど、いつか見てる時に「僕もやりたい!」と言ったみたいです。私自身はあんまり覚えて無くて、今では信じられないんですけどね。(笑)

▶そうなんですね。お兄さんもずっと一緒に水泳をやられてたんですか?
そうですね。兄とは4歳離れているんですけど、同じ時くらいに始めていたと思います。ただ、兄は途中で鼻が悪くて、ドクターストップがかかって辞めてしまいました。確か兄が小学校4年生くらいの時だったと思います。

▶そうなんですね。兄弟は2人兄弟ですか?
はい、兄と私の2人だけですね。

▶なるほど。吉田コーチは小さい時はどんな子供だったんですか?
ん~一言で言うと“デブ”ですね。めちゃめちゃ太ってて、ヤバかったです。(笑)こんな事言って良いのか分からないんですけど、小学校6年生の時は今の自分の体重よりも重かったんですよ。なので昔は「内山くん!」とか「横綱!」とかよく言われてました。(笑)

▶それは凄いですね!それでも泳げていたんですか?
はい。動けるデブで通ってました。(笑)

▶その当時、習っていたのは水泳だけですか?
そうですね、、、あとは体操も少しだけやっていました。幼稚園の時にお遊びみたいな体操もやっていて、あとは柔道も少しやっていました。

▶小学生の時にですか?
そうですね。柔道は小学と中学でやっていました。

▶そうなんですね。その中でなぜ水泳を選んだんですか?
何でですかね?分からないんですけど、水泳が好きだったんだと思います。僕自身、水泳もすごい中途半端にやっていて、一応選手コースには入っていたんですけど練習が嫌いで尚且つ遅かったんですよ。学校では速い方だったんですけど、やっぱり選手コースとかになると速くもないし練習では周回遅れもしてました。なので、水泳は嫌いじゃないけど練習には行きたくないみたいな感じで。。。当時はプライドもあったんですかね?遅い自分をあまり見られたくないみたいなのがあって、練習には行きたくないしサボるけど水泳は好きだったんです。なので親にも水泳は続けると言ってました。
それで転機があって、中学校くらいになった時にチームの先輩に「お前まじ遅っせーな!」みたいな事を言われたんですね。しかも、その先輩は専門種目が平泳ぎだったんですけど、自由形でも勝てなかったんですよ。そこから「悔しい!」って思ったのかスイッチが入って、その時期から真面目に練習にも行き始めたって感じですかね。

▶なるほど。競泳コースに上がったのはいくつの時なんですか?
そうですね、、、一応選手コースに入ったのは小学校2年生の時です。

▶という事は結構長い期間サボってたんですね。(笑)
そうですね、はい(笑)

スタッフの意見

小学校の時はよく練習をサボっていた吉田コーチ。「練習には行きたくないしサボるけど水泳は好きだったんです。」という所は、純粋に水泳が好きだったんだなと思い、なんだかインタビューをしている方も暖かい気持ちになりました。そんな吉田コーチも中学生の頃に先輩の一言がキッカケで真剣に水泳と向き合うようになったみたいです。それを聞いた時には「何気ない一言」が自分の人生も他人の人生も大きく変える可能性があるのだなと感じました。このインタビュー記事を読んで頂いている方もそのような経験はありませんか?もしかすると自分が発した”何気ない一言”で他人の人生に大きな影響を与えているかもしれませんね。もしそうだとすると出来れば良い方向に影響を与える人になれるように、日頃の発言にも気をつけたいと思いました。
さて、次回は選手コースに上がってからの事をもう少し詳しく聞いてみたいと思います。

 

こんな吉田コーチのレッスンに興味のある方はこちらからプロフィールを見ることができます。
【puram】吉田雅裕コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/11

吉田雅裕#2「そこで更に頑張ろうという気持ちが芽生えた」
吉田雅裕#3「それが僕の水泳人生でも一番思い出に残っている結果」
吉田雅裕#4「満足して喜んでもらえたら良いなと思って」