松永和夫とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、8人目は松永和夫コーチです。
松永コーチは東京、千葉、神奈川で活動されている、実業団でも競技経験のある元トップスイマーです。現在は自身もマスターズスイマーとして大会にも参加しており、なんと日本記録/世界記録保持者です。また指導経験も豊富でこれまでに10年以上、小学生から大人、ご年配の方までの指導に携わっており、
指導方法も一人ひとりに合った指導を心がけているとの事でした。今回はそんな松永コーチの水泳との出会いや指導者になるまでのストーリー、将来の夢などを聞いてみたいと思います。

コーチ紹介

松永和夫(マツナガカズオ)
1985年10月生まれ 福岡県出身
九州産業大学付属九州高等学校~東海大学~JFE
福岡県出身の九州男児。人としての人柄も良く、コミュニケーション能力の高い彼。今は自身もマスターズスイマーとして泳ぎながら指導を行なっており、色んな知識や経験も豊富。彼の指導を受ける方からの評判も良く、指導も的確との事。フリーランスとして人気のある松永コーチの今後の活躍にも期待です。

インタビュー

インタビュー日(2017-8-25)
▶初めまして。今日は宜しくお願いします。まずは自己紹介をお願いします。
初めまして、松永和夫です。種目は自由形の短距離をやっていました。出身は九州の福岡県で、今年32歳です。

福岡県のどの辺りですか?
初対面の人には強がって北九州と言っているのですが、実は群なんですよね。小さい群に居たので、場所を言ってもあまり伝わらないから北九州って言ってます。でも車で5分行ったら市なんですけどね(笑)
オリンピックでメダルを取った鈴木聡美選手と同郷で、昔は同じスイミングで泳いでいました。

そうなんですね!年代的にはかぶってるんですか?
いや、同じ高校だったんですけど…1年と6年になるのかな?僕が教員免許取るために、母校へ教育実習に行った時に教えていました。

▶なるほど。そもそも松永さんが水泳を始めたキッカケは何だったんですか?
当時、田舎だったので用水路が沢山あったんですね。それで近くにイトマンスイミングスクールが出来た時に、両親が最低限泳げるようにって事で入れてもらった感じですね。

という事は両親に連れられて始めたって感じですか?
そうですね、両親に連れられて近所の幼馴染の女の子と一緒に入会したのは何となく覚えています。なので、ベビー教室から通ってました。

兄弟はいるんですか?
はい、弟が一人います。

弟さんも水泳をやっていたんですか?
そうですね、一緒のスイミングスクールに通っていましたね。

では弟さんと一緒に通っていたんですね。
そうですね、ただ選手コースに上がるタイミングで、練習回数が増えて友達と遊べなくなるからって言うことで一回スイミングを辞めてるんですよね。親に辞めさせてもらった記憶があります、確か僕が小学校3年生くらいの時だったと思います。なので弟もそのタイミングで一緒に辞めたと思います。

▶そうなんですね、ではそこからまたリスタートしたのはどんなタイミングだったんですか?
ちょうど僕が小学校3~4年の時にJリーグが開幕した年で、サッカーがすごい人気だったんですね。でも当時はピアノとかを習ってて、今でこそカッコ良いんですけど、その当時はピアノやってる=女性っぽいイメージがあって、隠しながら習ってました。ずっと辞めたかったんですけど、親は「辞めるなら何かやりなさい!」ってなってサッカーを始めたんですよ。それでサッカークラブとかに入ったんですけど、周りに友達も居なくて…その時に気づいたんですけど「自分って人見知りなんだなと」それで、サッカーも続かずに1年くらいで辞めました。その後、4年生の時に小学校でスポーツ少年団みたいなのがあって、親に野球か剣道か水泳かでどれか入りなさいっ言われて選んだのが水泳で。。。なので1年くらい辞めてて、そこからまた水泳を始めた感じですね。

なるほど…そんなに小さい時から自分の性格を自覚していたんですね。
自覚していたというよりかは、「なんか自分は友達作りが下手なのかも…」と思ったのがちょうど3年生のサッカークラブに入った時ですね。なので全然、友達もできなくてチーム競技なのに楽しくなかったですね。

▶その辺も関わってくると思うのですが、小さい時はどんな子供だったんですか?
小学生の時はスポーツが好きで勉強をあまりしなかったんですけど、なんか友達は居ましたね。いつも周りにはリーダー格みたいな子が一人いて、その2番手3番手くらいにはいつも自分が居たって感じで。活発だったけど、意外と人見知りで、知ってる友達にはよく絡むけど、知らない人の前では大人しい感じの子供でした。小学生の時とかは同じクラスの子達とよく遊んでたけど、いざ枠の外に出てみると全く違う世界で…

なるほど、では負けず嫌いとかでは無かったんですね。
そうですね、よくスポーツ選手で負けず嫌いだったって人は居るんですけど、僕は全然そういうのが無くて、競争とかが嫌でしたね。楽しいことは好きだったんですけど、なんか誰かと競争とかが昔から嫌でした。今でもそれは少しありますけどね。

そうなんですね。では小学校4年からまた水泳をはじめて、選手コースに上がったのはどんなタイミングだったんですか?
これは今でも僕の恩師だと思っているのですが、当時通っていたスポーツ少年団の先生が「ここだけで水泳をやっているのは勿体無いよ!」って言ってくれて、速い選手がいるスイミングスクールを紹介してくれたんです。そこで、また一から進級テストを合格していって、5年生の終わりくらいに準育成コースに入って、正式に選手コースに上がったのが6年生ですね。その辺りから水泳にのめり込んでいった感じはありますね。

選手コースに上がったキッカケは何だったんですか?
なんでだったかな…?知らず知らずのうちに上がってましたね。準育成コースで頑張っていたら選手コースに上がらせてもらえた感じだと思います。

そうなんですね。
はい。

スタッフの意見

小学生の頃から何となく自分の性格を理解していた松永コーチ。自分の事を客観的に見れる能力はその時から培われていったのかもしれませんね。それにしても、九州=厳しい教育という勝手な思い込みがあるのですが、松永コーチのご両親は子供の気持ちを理解しながら色んな選択肢を与えて教育をしていたのかなとインタビューをしながら感じました。あとは、「競争が嫌い」という言葉にはビックリしました。今までのコーチは結構、幼少の頃から”負けず嫌い”の方が多かったのですが、松永コーチの場合は“誰かに勝つ”よりも”〇〇がしたい”が動機だったのかなと思いました。
さて、次回は選手コースに上がってからどんなトレーニングをしていたのかをもう少し詳しく聞いてみたいと思います。

 

こんな松永コーチのレッスンに興味のある方はこちらから彼のプロフィールを見ることができます。
【puram】松永和夫コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/5

 

松永和夫#2「それまでの記録を4秒も更新する大ベスト」
松永和夫#3「引退を決めてからの半年間が大変でしたね」
松永和夫#4「チャレンジしていくことは忘れないでやっていきたい」