西能正剛とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、6人目は西能正剛コーチです。
西能コーチは競泳出身で京都、大阪、奈良をメインに活動されており、アメリカへの留学経験もある元トップアスリートです。また留学中はまた、US OPENへの出場も経験しており、2017年4月の日本選手権(世界水泳日本代表選考会)で引退をし、今は子供やマスターズスイマーの水泳指導を行なっております。日本とアメリカのトレーニングを経験しており、知識も豊富なコーチです。一見、シャイに見えても話し出すと色々と親切に話してくれる優しい西能コーチは富山県出身で大学から京都に引越し、今でも京都に拠点を起きながら色んな活動されています。
今回はそんな西能コーチの幼少期から現役時代や留学時代、今に至るまでのストーリーを聞いてみたいと思います。

コーチ紹介

西能正剛(サイノウショウゴ)
1993年4月生まれ 富山県出身
高岡高校~同志社大学~TROJAN SWIM CLUB
大学時代は主将を務めた彼。大学4年の時はチームを1つにまとめ上げ、日本学生選手権で同志社大学20年ぶりのシード権獲得に貢献。クールに見える彼の中には目標に向かってひたすらストイックに努力をする熱い炎が。最後までやり切る能力はスポーツで得たもの。現役を引退した今は、次に自分が夢中になれる物を探しながら日々を過ごしている。

インタビュー

インタビュー日(2017-8-7)
▶初めまして。今日は宜しくお願いします。
宜しくお願いします。

▶まずは自己紹介をおねがいします。
西能正剛と言います。出身は富山県で、ずっと水泳をしていました。
年齢は24歳です。

▶という事は社会人ですか?
いや、実はまだ学生で、休学をしてアメリカに1年間留学をしていて今年帰ってきました。

▶出身は富山のどの辺りですか?
富山の田舎なのですが南砺市という所です。それで、大学で京都に出てきました。

▶種目は何をやっていたんですか?
短距離ですね。50、100メートルの自由形です。

▶そうなんですね。水泳を始めたキッカケは何だったんですか?
いや~全然覚えてないんですけど、たまたま近くにプールが出来て、それで通い始めたって聞いてますね。あまり記憶がない時から泳いでました。

▶兄弟とかは居るんですか?
兄弟は妹と弟が居るんですけど、二人も一緒に水泳に通っていました。ただ、途中で辞めましたね。

▶そうなんですね。という事は長男。。。小さい時はどんな子供だったんですか?
いや、もう悪ガキですね。富山の悪ガキでした。(笑)
しょっちゅう学校とかから家に電話がかかってきてました。(笑)

▶えー!(笑)どんな事をやっていたんですか?
色んな事を幅広くやってました。(笑)

▶その中でも一番思い出に残っている事とかはありますか?
悪さは。。。小学1年生の時に5年生か6年生のランドセルに泥を入れて、親と一緒に学校に呼び出されていました。(笑)

▶そうなんですね。。。水泳は何歳から始めたんですか?
あまり覚えてないんですけど、2歳とかその辺りだと思います。それで、選手コースになったのが小学校2年生とかだったと思います。

▶選手コースに上がったキッカケは何だったんですか?
なんか選手コースのコーチから声をかけてもらって、入ったって感じですね。

▶なるほど。小さい時は水泳以外に何かやってましたか?
いや、何もしていなかったです。悪さは以外は。(笑)

▶相当、悪さをしていたんですね(笑)水泳の思い出とかはありますか?
小さい時の水泳の思い出は特に無くて、適当に水泳をしてました。ただ、隣の県にすごい速い選手が居て、その子にずっと勝ちたいなと思って練習してました。それが後にオリンピックでメダルを取った小堀選手(リオ五輪800リレー銅メダル)なんですけど、ずっと追いかけてました。

▶そうなんですね!凄いですね!
そうですね。

スタッフの意見

小さいときは悪ガキだった西能コーチ。小学1年生でも高学年の子にイタズラをする度胸はスポーツでも活きていたのかもしれないですね。最近はそんなに元気な子供を見るのは少なくなりましたが、時代の流れもあるように感じました。これは、編集者の個人的な意見ではありますが地方で生まれ育ったのも「根性」や「負けず嫌い」になるために1つ良かった点では無いかなと思いました。ただ、地方は指導者も少なく、どうしてもトップアスリートが生まれにくい環境ではあります。その点、西能コーチの場合はライバルに恵まれたんだなと思いました。
さて次回は、そんな西能コーチが競泳コースに上がってからどんなトレーニングを行なっていたのか聞いてみたいと思います。

こんな西能コーチのレッスンに興味のある方はこちらから彼のプロフィールを見ることができます。
【puram】西能正剛コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/27

 

西能正剛#2「やっぱり大学4年のインカレが一番印象に残ってます」
西能正剛#3「アメリカのトレーニングはとにかく楽しかった」
西能正剛#4「夢中になれるものを見つけたい」