藤崎和也とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、11人目は藤崎和也コーチです。
藤崎コーチは競泳出身で東京をメインに活動されており、大手スイミングスクールでも指導経験がある元競泳のアスリートです。現役時代には日本選手権に何度も出場しており、国体では群馬県の代表として入賞経験も持っています。一見、話しづらそうに見えても話し出すと色々と親切に話してくれる誠実な藤崎コーチ、スイミングスクールで5年間働いた後に自分の目標や夢に向かって独立をされました。今はまだ独立されて間もないのですが、これからの活躍にも期待のコーチです。
今回はそんな藤崎コーチの幼少期から高校時代や大学時代、今に至るまでのストーリーを聞いてみたいと思います。

コーチ紹介

藤崎和也(フジサキカズヤ)
1990年3月生まれ 群馬県出身
館林高等学校~日本大学~セントラルスポーツ~独立
高校時代から文武両道に励み、常に将来を見ながら進路を決めてきた彼。大学も日本大学に進学をし、特殊な形で水泳部に入部。しかし、そこからの彼の努力は周りの同級生も認めるほどで、めきめきと実力をつけていく。そんな努力も実って大学2年では日本学生選手権でもB決勝に残る結果を残した。目標に向かって努力を惜しまない、真面目で誠実な彼の今後の活躍にも期待。

インタビュー

インタビュー日(2017-11-19)
▼さて、今回で最後なのですが実際に引退を決めた時の心境や今後の事について聞かせてください。
分かりました。

▼実際に引退した時、今までやってきた水泳が無くなった瞬間に困ったことなどは無かったのですか?
そうですね、学生の頃は同期と毎晩飲みに行ったりだとか、後は遊んだりとか、逆に今まで出来なかったことをやっていたので水泳の現役を引退してから学校を卒業するまでの半年間はすごく楽しかったし充実していました。でも、いざ社会人になった時には、事務的な事やパソコンを使ってのデスクワークとかは知識が無くて時間がかかったりしてました。1年目の頃はそういう苦労はありましたね。

▼引退した後に自分の中のプライドとかもあったと思うのですが、それはどのように上手くシフトしていったのですか?
そうですね、場面場面と言うか社会人になった時には気持ちを一回リセットして切り替えて1から全てを学ぶ姿勢で取り組みました。周りは年が下だろうが職場では経験が上なので、吸収できることは吸収して分からないことは素直に聞くことを心がけました。そこから3ヶ月4ヶ月たつにつれてある程度の仕事も全て自分でこなせるようになっていったので、そういった点ではやはり気持ちを一回リセットすることが大切なのかなというのは感じました。

▼引退した後はセントラルスポーツで5年間お仕事をされていたと思うのですが、なぜそこを辞めてフリーで活動しようと思ったのですか?
一応、そのセントラルスポーツの中では子供の指導や大人の指導がメインでした。しかし、自分は学生まで水泳をやっていて選手コースを見たい気持ちがあって…自分が昔コーチに育ててもらったように初めてJOの制限が切れたりだとかベストを更新した時に感じた嬉しい気持ちなど、そういう想いをジュニアの選手を教えていく中で一緒に共有できれば良いなという思いがありました。そういった思いも含めて入社をしたのですが、最初の2年間はそういった選手コースが無い支店に配属されて…でも、その後移動した支店では1から選手コースを教えるクラスを立ち上げることが出来て、生きがいを感じながら仕事をしていました。しかし、選手の中でも少しづつJOを狙える選手が育ってきた中で、また移動の話が来て…これからって時に移動の話などがあって…やはり会社なので仕方ないのですが、選手教育も人間関係が大切だと思っていて、そのように数年で移動とかがこの先どんどん増えてくると、逆に選手にも申し訳無い気持ちになりました。なので、そういった会社の方針と自分のやりたい事のズレからどんどん自分自身のモチベーションも下がってきて…会社には5年間本当にお世話になって、学んだことも沢山あり感謝してるのですが、今は組織で選手を育てるのは諦めて、また1からリセットしてフリーで活動する道を選びました。

▼では今はフリーの活動をしながら、他の仕事もしたりって感じですか?
そうですね、今はスケジュールも自分で決められるので、今後のためにも一週間まるまる働いています。

▼なるほど、では今後の藤崎コーチの夢とか目標はなんですか?
そうですね、1つは個人のプライベートジムの設立です。どこかマンションの一室などを借りて、器具を揃えてプライベートレッスン専用の場所を作りたいです。そこは陸上系のトレーニングをメインで、それ以外で水泳の方はプールを借りてレッスンを行いたいと思っています。水泳選手でも陸上トレーニングは重要だと思っているので、プールの水中指導と陸上での指導、その2つの方面から選手をサポートしていければなと考えています。後は一般の方でダイエットをしたいとか身体をキレイにしたいとか…あとは泳げるようになりたいとか、そういった要望に応えられるように水泳とトレーニングの両方からやっていけたらなという夢があります。なので今は独立を目標に頑張ってます。

▼現状、独立するためにやるべき事や必要な事は何ですか?
まずは、立ち上げる時にもある程度のお客様が居ないとダメだと思っているので、まずは身近な所から顧客を集めること、後は自分の知識も増やしていかなければダメなのでトレーナー資格の勉強や水泳指導員の勉強もしようと思っています。身体の仕組みなども学生の頃に勉強したことを再度勉強し直している感じですね。今はベース作りをメインに行なっています。

▼では、最後になるのですがpuramの受講者の方に向けて何かメッセージがあれば宜しくお願い致します。
皆様それぞれ水泳メインで泳ぎたい、泳げるようになりたい、速くなりたいとか、その他陸上とかそれ以外のスポーツでも目標とかあると思うんですけど、掲げてるだけでは叶うものでも無いので、まずはpuramの中に居る優秀なコーチ達のレッスンを体験してみて何か掴んで欲しいと思っています。またそういった所から人との繋がりであったりだとか、新しい経験や自分自身の成長、良いコーチとの出会いなども含めて人生をより良いものにして行けたらと思います。なので私もはじめ、まずはpuramのレッスンを体験して頂けたらなと思います。

▼実際に藤崎コーチにレッスンをお願いをするとどのような価値やレッスンを提供してもらえますか?
そうですね、基本的にはお客様のご要望に合わせたレッスンを心がけています。例えばお子様であれば「キツく指導して下さい」とかであればそのように指導しますし、「和気あいあいと楽しくレッスンをしたい」とかも対応させていただきます。逆に大人の方でも一人ひとりに合ったレッスンの提供を一番重点的に考えていますので、そういった所では今抱えている課題などは解決できるのかなとは思いますね。

▼なるほど。ちなみに年齢やレベルは?
年齢は小さいお子様から高齢者の方まで、またレベルも水慣れからマスターズ、選手の方まで対応させていただきます。なので、まずは分からないことがあればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

▼分かりました。では、インタビューは以上となります。ありがとうございました!
ありがとうございました!

スタッフの意見

引退をした後、次のキャリアに向けてマインドをシフトする。これは簡単そうに見えて意外と難しいと思っています。特に日本のトップや世界のトップを目指してきたアスリートであれば、プライドもあり、そのプライドが邪魔をして次のキャリアへの足かせになることも。それがアスリートのセカンドキャリア問題へと繋がっている要因の1つでもあると思っております。そんな中、藤崎コーチは「気持ちを一回リセット」し、うまく次のキャリアへとシフトが出来たみたいです。また、そこで新たな夢や目標に向かって頑張っておられる姿勢は非常に素晴らしいと感じました。まだまだ夢の途中ではありますが、今後の藤崎コーチの活躍にも注目をしてみたいです。
さて、これで藤崎コーチのインタビューも終了です。皆様にとって何か学びはありましたか?また、インタビュー内容の他にも彼に聞いてみたいことや、疑問点などがあれば下記のプロフィールからお問い合せ下さい。真面目で誠実な藤崎コーチなので親身になってお話を聞いていただけると思います。

 

こんな藤崎コーチのレッスンに興味のある方はこちらからプロフィールを見ることができます。
【puram】藤崎和也コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/21