山階早姫とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、4人目は山階早姫コーチです。
山階コーチは大阪や京都、奈良をメインに活動されており、現在も現役のトップアスリート。2012年に競泳からフィンスイミングに転向をし、今もフィンスイミングの日本代表として活躍されています。また、様々な全国大会や国際大会での経験を活かしながら、指導も行なっております。本職では高校の教員として非常勤で働いており、社会人アスリートとして仕事とトレーニングを両立させているエネルギーに満ち溢れたコーチです。
今回はそんな山階コーチの幼少期から競泳時代、今に至るまでのストーリーを聞いてみたいと思います。

コーチ紹介

山階早姫(ヤマシナサキ)
1988年4月生まれ 大阪府出身
太成学院大高校~同志社大学~KOZ~God Phoenix
競泳時代から様々な全国大会での優勝経験もあり、輝かしい実績を残してきた彼女。生まれも育ちも大阪で生粋の関西人。常に笑顔の彼女の周りには幸せなオーラが沢山。今はフィンスイミングの普及活動として様々なイベントを開きながら、フィンや競泳の指導に当っている。

インタビュー

インタビュー日(2017-7-28)
▶初めまして。今日は宜しくお願いします。
初めまして。宜しくお願いします。

▶まずは、自己紹介をおねがいします。
山階早姫と申します。フィンスイミングをやっています。年齢は29歳です。
出身は大阪の豊中で、生まれも育ちも豊中です。

▶フィンスイミングを始める前は何かやっていたんですか?
ずっと競泳をやっていました。

▶何歳からやっていたんですか?
8ヶ月の時からです。

▶8ヶ月!?競泳を始めたキッカケは何だったんですか?
8ヶ月の時に夜泣きがひどくて、プールに突っ込まれたのがキッカケですね。両親は全く泳げないんですけどスイミングスクールに入れられて、泳げない親も一緒に半分溺れながら入ってくれました。そこから「バタフライまで泳げるようになったら良いな~」って感じだったんですけど、幼稚園の年長くらいの時に選手コースのコーチから「選手としてやってみいひんか?」って声をかけられて。はじめは3~4ヶ月くらい「絶対嫌や~」って逃げてたんですけど、自分だけ幼稚園児で級がどんどん上がっていって…すると周りが小学生の高学年くらいの子ばかりになって怖くて、「選手コース来たら同じ年の友達いっぱい居るよ」みたいな事をコーチに言われて、そのままそそのかされて選手コースに入りました。(笑)

▶選手コースに入ったのはいつですか?
小学校1年の6月とかですかね。

▶そうなんですね。他に兄妹とかはいたんですか?
兄妹は妹が居ます。

▶妹さんも競泳やってたんですか?
妹は私と同じように本科コースまではやってましたけど、先に選手コースに上がった姉を見て、「こんな朝練毎日起きられへん」とか「練習毎日行かれへん」とか言って逃げました。(笑)

▶そうなんですね。(笑)小さい時はどんな子供やったんですか?
小さい頃は足も速かったし、結構運動は出来る方だったんです。よく話もしたし、意見も言っていたし、活発な感じでしたけど…水泳ばかりの生活になった瞬間に他の運動ができなくなりました。

▶小さい時は他に何かスポーツとか習っていたんですか?
体操とかトランポリン飛んだりとか…でも運動は水泳と体操だけですね。あと、書道はずっと中3までやっていて、英会話もちょっとだけ行ってたかな?って感じです。

▶体操は何歳までやっていたんですか?
小学校の時には辞めてました、水泳の選手コースに上がるのと同時くらいに辞めたと思います。

▶なんでそこで体操ではなく水泳を選んだのですか?
なんでやろう?何か選手でやるんだなぁ~と思いはじめて、週3で練習に行かなあかんのかってなったらどっちも出来ひんなって小さいながらにも思っていたのかもしれないですね。

▶水泳が好きやったとかでも無く?
泳ぐのは好きやったはず。。。あんまりこう自分で好きだーって思ってた記憶も無いくらいですけど。

▶その当時(幼稚園や小学校時代)の思い出って何かありますか?
そうですね…小1からずっと選手コースに居るから、ほとんど水泳以外の記憶が無いです。小学校三年生からは毎日泳いでいたし、友達と放課後遊ぶ時間が無かったから、宿題やって練習に行くみたいな感じでした。もうほとんど夏休みも無かったし、大会とかJO(ジュニアオリンピック)に出場し始めてからは、友達と遊びに行くって行っても公園で遊んだ記憶がほとんど無い!(笑)
もう水泳一本で行ってたような感じです。。。でも、小学校の5年生の時だけ夏のJOに出場できなくて、夏休みにスイミングスクールの友達と一緒に市民大会に出た記憶はめっちゃあります。なんかワイワイ楽しんで出た記憶がありますね。

▶なるほど、小学校の時から結構、水泳一色の生活だったんですね。
そうですね。

スタッフの意見

「夜泣き」から山階コーチの水泳人生が始まった。「喘息持ち」で水泳を始めたというのはよく聞きますが、「夜泣き」がひどくてと言うのは私自身も初めて聞きました。それにしても8ヶ月から水泳を始めて今なお現役の山階コーチの水泳歴はなんと約29年。最近はGRIT力(やり抜く力)も話題になりましたが、山階コーチには非常に高いGRIT力が備わっているのではないかと感じました。どんな困難があっても乗り越えていける能力はアスリートのみならず私達一般人にも必要な能力だと思っています。
さて、幼少期からそんな能力すらも感じさせてくれた山階コーチ。
今度は競泳時代にどのようなトレーニングをしていたのか?などを聞いてみたいと思います。

 

こんな山階コーチのレッスンに興味のある方はこちらから彼女のプロフィールを見ることができます。
【puram】山階早姫コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/15

 

山階早姫#2「本当にもう負ける気がしなかった」
山階早姫#3「その時に初めて”水泳を辞めたい”と言いました」
山階早姫#4「フィンスイミングを体育の教科書に載せる!」