福井淳一とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、9人目は水泳一筋の福井淳一コーチです。
福井コーチは千葉と東京を拠点に活動されている、指導経験も豊富なコーチです。自身も元トップスイマーとして活躍し、引退後は大手フィットネスクラブで指導方法を学び独立。今でもマスターズスイマーとして活躍されており、前回の松永コーチ同様で日本記録/世界記録保持者です。競技経験、指導経験豊富な福井コーチから学べることは沢山あると思います。今回はそんな福井コーチの水泳との出会いや水泳に対する考え方、今後の夢や目標について聞いていきたいと思います。

コーチ紹介

福井淳一(フクイジュンイチ)
1984年11月生まれ 千葉県出身
千葉商科大学付属高等学校~東海大学~フィットネスクラブ~ザ・スター
素敵な笑顔でいつもムードメーカーの彼。全国大会でメダルを取った経験がありながらも、常に新しい指導方法を考えながら自身のお客様へと知識を提供している。また初心者からトップスイマーまでの指導経験があるので、レッスンを初めて受ける方にも評判の良いコーチ。常に新しい指導方法を提供してくれる福井コーチの今後のレッスンにも注目です。

インタビュー

インタビュー日(2017-8-26)
▶前回は幼少期から選手コースに上がるまでを聞いてきましたが、ここからは選手時代の事を聞いてみたいと思います。
はい。

▶選手コースに上がって練習も変わったと思うのですが、小学校の時のトレーニングとかキツかったですか?
ん~記憶がある限りでは、ただめちゃくちゃに泳がされていた記憶しかないですね。結果が出ていなかったらキツイなって…それくらいガンガン泳いでいた記憶があります。

▶実際に小学校1年生から競泳の選手コースに上がって、初めて全国大会に出られたのはいつですか?
9歳の春JOですね。そこからずっと春と夏で2回づつ出ています。
※JO=ジュニアオリンピックカップ(高校生以下までの全国大会。年に2回春と夏に開催。)

▶種目は何をやっていたんですか?
そうですね、当時はクロール、バタフライ、背泳ぎ、個人メドレーで平泳ぎ意外は全部JOに出てました。

▶凄いですね!(笑)小学校、中学校はスイミングでトレーニングをしていたんですか?
僕、小学校から一回スイミングスクールを移動しているんですよ。ちょうど中学校に上がる時にセントラル(水泳で有名なスクール)に移動をして、中学校1年の夏頃からはずっとセントラルで泳いでいました。

▶移動するキッカケは何だったんですか?
キッカケは小学校の頃の厳しいコーチが移動になってしまったので「じゃ、スイミングも変えよう」という事で、実家の近くにあったセントラル行徳に移動しました。なので特にセントラルが強いチームだからとか、そういうのはあまり気にせずに入ったって感じですね。

▶そうなんですね。では、中学からずっとセントラルでトレーニングですか?
そうですね。高校3年生までずっとセントラルでトレーニングをしていました。

▶中学の時は全国中学とかも出ていたんですか?
はい。ただ、その時はやらかしてしまって…予選の時に調子に乗って軽く流したんですね(力をセーブして泳ぐこと)。そしたら100分の1秒足りなくて9番で予選落ちした思い出があります。それでコーチにめちゃくちゃ怒られるって言う(笑)

▶それは悔しいですね。その後、高校への進学は千葉の高校ですか?
そうですね、千葉工大付属高校です。

▶水泳部が強いんですか?
今、めちゃくちゃ強いみたいですよ。全国大会でも入賞する選手も居たり。

▶高校の時はインターハイとかにも出場されていたんですか?
そうですね。1年から3年まで出てました。ただ高校の時は…こんなこと言うのもあれなんですけど、トレーニングも週に2回とか3回しかやってなくて。。。

▶セントラルがそういうトレーニングスケジュールだったんですか?
いや、僕がサボっていただけです。(笑)

▶なるほど(笑)それでもインターハイには出場していたんですね。
そうですね。それでも3年間を通して全部ベストは更新していました。

▶凄い!(笑)その時は種目はスプリントとかだったんですか?
そうですね。でも、100mと200mの両方をやっていました。ただ、どっちもどっちって感じです。練習もしていないし、出るだけで終わりと言うような高校時代を過ごしてますね。その分、外では沢山遊んで…

▶そこで色々経験して?
そうです。そこで色んな事を経験して。って感じです。(笑)

▶高校時代の思い出とかありますか?
高校時代の水泳の思い出はたいしてないんですけど、本当にインターハイも出ただけで遊んでたなと。で、そんな自分の性格も分かっていたので大学でもし水泳をやるなら寮がある所で拘束されるような厳しい環境に自分を置こうと思っていました。

▶なるほど。その当時から自分の性格もしっかりと理解されていたんですね。
そうですね。

スタッフの意見

小学校に上がると同時に選手コースに上がった福井コーチ。平泳ぎ意外の種目は全て全国レベルだったみたいですね。その当時から頭角を現していたのがインタビューから感じ取れました。ただ、1つ残念だったのが高校時代です。高校時代を真剣に水泳と向き合っていれば福井コーチの水泳人生はどうなっていたのだろうと勝手に想像してしまいました。とは言え、そんな自分の性格も理解し、大学ではあえて厳しい環境に自分を持っていたのは流石だなと思いました。人は良く厳しい環境から逃げることが多いですが、自分を成長させる為にあえて厳しい環境に身を置くストイックさはアスリートだなと感じました。ただ一般の方が気をつけなければいけないのが自分を知ると言う事だと思います。人には人それぞれのキャパシティがあるので、無理に自分を厳しい環境へと持っていき体調や精神を崩すのは本末転倒なので気をつけて下さいね。
さて、そんな福井コーチから学ぶ事も沢山ありますが次回は大学時代の事をもう少し詳しく聞いてみたいと思います。

 

こんな福井コーチのレッスンに興味のある方はこちらからプロフィールを見ることができます。
【puram】福井淳一コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/12

福井淳一#1「そのコーチのお陰でタイムも一気に伸びた」
福井淳一#3「僕は大学4年で引退するって決めていた」
福井淳一#4「水泳を楽しめる場所を増やしていきたい」