藤崎和也とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、11人目は藤崎和也コーチです。
藤崎コーチは競泳出身で東京をメインに活動されており、大手スイミングスクールでも指導経験がある元競泳のアスリートです。現役時代には日本選手権に何度も出場しており、国体では群馬県の代表として入賞経験も持っています。一見、話しづらそうに見えても話し出すと色々と親切に話してくれる誠実な藤崎コーチ、スイミングスクールで5年間働いた後に自分の目標や夢に向かって独立をされました。今はまだ独立されて間もないのですが、これからの活躍にも期待のコーチです。
今回はそんな藤崎コーチの幼少期から高校時代や大学時代、今に至るまでのストーリーを聞いてみたいと思います。

コーチ紹介

藤崎和也(フジサキカズヤ)
1990年3月生まれ 群馬県出身
館林高等学校~日本大学~セントラルスポーツ~独立
高校時代から文武両道に励み、常に将来を見ながら進路を決めてきた彼。大学も日本大学に進学をし、特殊な形で水泳部に入部。しかし、そこからの彼の努力は周りの同級生も認めるほどで、めきめきと実力をつけていく。そんな努力も実って大学2年では日本学生選手権でもB決勝に残る結果を残した。目標に向かって努力を惜しまない、真面目で誠実な彼の今後の活躍にも期待。

インタビュー

インタビュー日(2017-11-19)
▼前回は高校までの話を聞かせて頂いたのですが、ここからは大学時代の事を聞かせてください。
はい。

▼高校卒業後、日本大学に進学されたと思うのですが、入学するキッカケは何だったのですか?
地元のスイミングクラブの先輩が日大のサークルの方の水泳部(日大にはサークルの他に保体審所属の水泳部という日本一や世界一を狙う選手が集まる部がある)に所属をしていて、たまたま野口先生(当時の保体審水泳部のコーチ)がサークルの顧問をしていたというのもり、また就職も考えるとある程度大きな総合大学に進学したいというのもあったので日本大学に進学しました。本当は家族に負担をかけないために国立の大学(筑波大学)を目指していたのですが、推薦も一般もダメだったので、市立の大学、日大、日体、東海と受かった中で日本大学が一番勉強もしっかりしていたし、水泳部もインカレ(日本学生選手権)での総合優勝回数も多かったり、水泳部の強い大学とい事を聞いていたので、最後大学でもう一度水泳の華を咲かせたいという思いから日本大学に決めました。
最初、気持ち的には入部届みたいな形で「水泳部に入りたいです」みたいな感じで入れるのかなと思っていたのですが、地元のスイミングの先輩から「日大の水泳部はインターハイの決勝に残るような人で推薦しか入れないよ」というのを聞いて、「えっ!?」ってなったのですが、その先輩から野口先生に話をしていただいて、後日面接というか日大水泳部に入りたい気持ちを伝えたら「いいよ」という事で特別に受け入れてくださったので、本当に稀なタイプだと思います。なので推薦とかではなく野口先生の紹介で水泳部に入れた感じですね。

▼そうなんですね!それもたまたま繋がりがあったからですね。
そうですね。良かったです(笑)

▼それこそ、大学に入学して寮生活になって、周りの環境も凄く変わったと思うのですが、そこで戸惑いみたいなのは無かったのですか?
やはり、周りはみんなインターハイ決勝に残ってるとかそういう選手ばかりで練習中のタイムとかもやっぱり全然違うくて…ただ一人だけレベル的には同じくらいの選手が居て、練習中のタイムとかも同じくらいでした。そういった選手とうまく切磋琢磨しながら出来たので頑張って続けてトレーニングできていたと思います。

▼寮生活とかで大変だったことはありますか?
そうですね、当時は電話当番というものがあって1日中玄関の前で過ごすのとかはキツかったですね。当時は当番で学校に行けないとか、遊びにも行けないとか色々な思いはありましたけど、今振り返ってみると良い思い出です。特に社会人になってから色々大変な事もありますけど、当番に比べると「それがどうしたの?」ってくらいの感じで、人としても精神的にも凄く強くなりました。どんな事が来ても“へこたれない精神”みたいなのは、その大学生活で培われたのでは無いかなと思いますね。今、他の同期とかと会ってもあの1年2年は耐えてよかったねっていう話になります。(笑)

▼凄いですね(笑)。逆に大学時代に伸び悩んだとかはありますか?
そうですね、一年生の頃も最初の方の大会から少しづつベストタイムも出ていました。そして入学する時に買ったスーツとかが2ヶ月でキツくなるくらい体重も増えたし、身体もデカくなりました。自分の中でも強く速くなってるっていう実感も凄く持てていました。はじめはレギュラーも取れなくて我慢の時期もあったんですけど、トレーニングはしっかりこなせていたので特に1~2年と順調に進めていけたと思います。ただ、2年の冬場に学校の体育の授業で腰を痛めてしまい、1ヶ月くらいまともに練習が出来ない時期があり、そこから少しスランプというか伸び悩んだ時期もありました。ベストタイムからも3秒、4秒遅いタイムしか出なかったので、日本選手権の制限もギリギリ切れるくらいで…なので日本選手権とかもただ出るだけの選手でした。そういう時期があって3年、4年と迎えた感じです。

▼なるほど。では、そのスランプを克服するために何かやったことなどはありますか?
そうですね、1つは自分の性格として嫌なことがあっても基本的に寝るとスッキリ忘れてしまうんですね。なのでそこまで重く考えないというのはありました。だから精神的に追い込まれたりとかは無く、逆に「ここまで下がれば後は上がるだけだろう」と楽観的な考えを持っていました。まぁ時が経つのを待つ感じです。

▼そうなんですね。では良い意味で鈍感な性格だったんですね。
そうですね。あまりなんか真剣になりすぎず、「何とかなる精神」でやってきました。

▼その他試行錯誤したことはあるんですか?
高校の時は勉強がまず一つ大変だったので、授業中は絶対に寝ないというのと、後は水泳の練習とかも時間が取られるので、毎日出る宿題は極力学校にいる間に終わらせていました。それで自由な時間を確保してましたね。なので学校で習う事は出来るだけ授業中に集中して覚えるようにしてました。テスト前とかも上手く周りの友達とかにも助けてもらいながらこなし、結果的に2年生の頃には成績も最下位争いをしてたのが上から5番くらいまで伸びましたね。偏差値も60いくつとか2年の後半にかけて一気に上がっていきました。
水泳の方は根本的にタイムが伸びなかったので、原因を分析して色んなアプローチをしました。その中でも自分なりに納得したのが、ウェイトトレーニングとかをして身体が大きくなった分、身体も重くなりスタミナが持たなくなっている問題でした。なのでそこからはスタミナを付けるために高負荷よりも回数を増やすトレーニングや持久系のトレーニングを入れていきました。400個人メドレーとか800個人メドレーとか。。。たまに4,000個人メドレーっていうのもやりました。練習になってるのかな?って感じでしたけど(笑)でもそう言う持久系のトレーニングをやったおかげで少しづつ調子も上がってきてスランプを脱却できた感じですね。

▼なるほど、凄いですね(笑)いろんな試行錯誤をされたんですね。
そうですね、自分で考えられることはやらないよりかは、まずはやった方が良いっていうのはありました。

▼良いですね。大学時代は競技実績としてはどのくらいまで行かれたんですか?
インカレでは大学2年の時に14位なのでB決勝ですね。国体の方は群馬県の代表としてメドレーリレーで入賞して貢献できたのかなと思います。ただ、日本選手権とかは20位前後をいつもウロウロしてました。

▼そう言った大会の中で一番思い出に残っている大会は何ですか?
そうですね…やはり一番は4年生の時の最後のインカレですかね。今まで日大といったらインカレでも総合優勝を目指してたのが、中央大学、中京大学にも速い選手がどんどん増えてきて総合も5位とか6位とか年々順位も下がってきた中でのインカレで、最後も結局順位も悪くて、個人の結果としてもタイムも良くなかったので締めくくりとしては満足のいく結果では無かったのですが、逆にその結果なら社会人になっても続けるレベルでは無いなと思いました。なので、今度はそれを教える立場に立って力を発揮したいと思うようになりました。

▼なるほど、では引退を決めたキッカケは競技成績があまり良くなかったからですか?
そうですね、大学後半になってから伸び悩んだりして。。。大学2年の時はオリンピック準強化選手の標準記録まであとコンマ何秒とかだったので、この記録ならこのまま続けようと思っていました。しかし、大学3年生4年生と思うような結果も残せなかったので、自分の中でも現役の
水泳は引退しようと決めました。

▼そうなんですね。
はい。

スタッフの意見

高校卒業後はと日本大学へ進学をし、特殊な形で水泳部に入部された藤崎コーチ。そこで待っていたのは水泳とは別に寮生活での苦労などもあったみたいです。よく体育会系の寮生活が厳しいことは私も耳にしたことありますが(最近はあまり聞かないですが。。。)、それを身をもって経験した藤崎コーチは、その当時の経験があったからこそ社会に出ても色んな理不尽なことに対応できたのでは無いかと思いました。それにしてもスランプ時には4000m個人メドレー(各種目1000mづつ)をやった話には私もビックリしました。また「やらないよりかは、まずはやった方が良い」と言う言葉は個人的にも納得させられました。
さて、そんな藤崎コーチのインタビューも次回が最後です。最後は引退をしてから今後、どんな夢や目標に向かって頑張っているのかを聞いてみたいと思います。

 

こんな藤崎コーチのレッスンに興味のある方はこちらからプロフィールを見ることができます。
【puram】藤崎和也コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/21