川岸直生とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、12人目は川岸直生コーチです。
川岸コーチは競泳出身で東京をメインに大手フィットネスクラブでも活動をしながら、今はフリートレーナーとして小学生から高齢者の方まで、初心者からトップアスリートまでのコンディショニングやフィジカルトレーニングも指導されております。また自身も大学4年生まで競泳選手として活躍されており、北海道選手権優勝や北海道短水路新記録更新等の結果も残されております。引退後は選手を支えるサポーターの道を選び、専門学校へと進学し鍼や灸、あん摩マッサージ指圧などの資格も取得されております。今回はそんな川岸コーチの幼少期から高校時代や大学時代、今に至るまでのストーリーを聞いてみたいと思います。

コーチ紹介

川岸直生(カワギシタダオ)
1986年5月生まれ 北海道出身
立命館慶祥高等学校~東海大学~専門学校~独立
本格的に水泳選手としてのキャリアを積み始めたのは中学生の頃という比較的に遅い水泳人生をスタートした彼ですが、持ち前の学習能力や努力を積み重ね、中学2年で初の全国大会に出場。選手としては日本のトップに行けなかった彼ですが、リオ五輪まで金藤理絵選手のトレーナーとして活躍し金メダル獲得、世界一に大きく貢献をした。指導者としての彼の今後の活躍には目が離せません。

インタビュー

インタビュー日(2017-12-16)
▼前回は大学時代の話を聞かせて頂きましたが、ここから引退を決意してから、今後の夢や目標を聞かせて頂きたいと思います。
はい。

▼実際に水泳は大学4年で引退されてセカンドキャリアと言うか次の道に行かれたと思うのですが、そこで困った事みたいなのはありますか?
困ったこと…一応、終わった後はすぐに教育実習があったのですぐに教育実習に行って、多分自分が望めば教師になれる道もあったと思うのですが、僕らの頃は“モンスターペアレンツ”って言う言葉が最前線の時で、先生たちが悪くもないのに親に向かって頭を下げていると言うのがすごい嫌で…自分で納得もできないのに頭を下げて、逆に反抗したらどっか地方に飛ばされるとか、そう言うのを目の当たりにするとやり切れないと言うか。子供は好きだし、教えるのも好きだけど、でもそれを込みにして考えた時に嫌だなと思ったんですよね。絶対にお父さんお母さんに間違ったことがあれば「そんなの間違ってます」って言ってしまうし、そういう意味で教員をやるっていうのは難しいなと思いました。なので、自分は選手時代にケガも多かったんですけど、ケガをした時に助けてくれた人たちの事を思い出して、選手をサポートする道を目指してみようと考えました。それに、選手ってワガママなのでそう言ったワガママをちゃんと聞き入れられるのも選手をやっていた自分の強みかなと思って。だから大学を卒業したあとはすぐに専門学校に入学しました。

▼実際に今はどういった活動をされているんですか?
今は資格を使って施術をしたりだとか、後はトレーニングを自宅に行って教えたりとか、チームとかに呼ばれたら試合会場に行ってサポートしたりしています。今は水泳だけでは無くて、アメフト部の子とか、トライアスロンとか他種目の方を診てますね。

▼それはカテゴリー的には何と言うカテゴリー何ですか?
そうですね、ケアトレーナーって言うカテゴリーと、選手の身体を施術していて足りない部位とか相談されれば、そう言ったトレーニングも提案したりしてますね。なのでパフォーマンスをアップするトレーニングから自分の身体をケガしない所に持っていくまで、広くサポートをさせていただいてますね。コンディショニングまで診れる所が強みです。

▼実際に水泳の指導もされているんですか?
そうですね。ただ、日本代表などトップレベルの選手を指導できるかと言われると、大学の監督とかには敵わないですけど、トレーニングの提供とかは出来るかなと思います。

▼川岸さんの今後の夢とか目標は何ですか?
自分のせっかく取った資格を活かして働きたいと言うのはあります。身体資本なので最終的には自分が診なくても動いていく所と自分が最後まで現役で活躍できる所を組織として作っていきたいと思っています。水泳は今、指導していますが要望があれば指導をしてきたいなと思っています。

▼その資格は何の資格ですか?
鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師って言う、その3つの資格なんですけど、だいたい全部できる感じですね。

▼なるほど。では、最後になるのですがpuramの受講者の方に向けて何かメッセージがあれば宜しくお願い致します。
僕自身、たいした選手じゃ無かったんですけど、だからこそ出来ない苦しみとか辛さとか、あとは出来た時の喜びとかそういうのも一緒になって感じて行かせてもらえるというか、そういうのを一緒に創りあげていく事のほうが感覚的な物を伝えるよりも得意かなと思います。なので、どうしても行き詰まったりだとか、水泳を初めて習いたいという方を含めて、頭で考えてからやっていきたい方には僕の指導方法はすごく合うかなと思います。ただ、そのトップアスリートの感覚的な物も金藤理絵というオリンピック金メダリストと一緒にオリンピック寸前までやってきましたから、そういう感覚的な物も伝えられることは伝えられると思います。そういうワンポイントアドバイスが欲しいと言う方など広く対応できるかなと思いすので、まずは何か分からないことがあれば気軽にお問い合わせいただければなと思います。

▼受講者の対象年齢は子供でも大人でも問題ないですか?
そうですね、子供からご年配の方まで、また初心者の方から選手レベルまで指導させて頂いております。

▼分かりました。では、インタビューは以上となります。ありがとうございました!
ありがとうございます。

スタッフの意見

最後のインタビューでは引退をしてから次の道に進むまで、どういう想いで今の職業についているのかを話して頂きました。最近は私もあまり“モンスターペアレンツ”という言葉を聞かなくなったのですが、当時は教育業界ではよく使われていた言葉だったと思います。それと同時に川岸コーチみたいに“モンスターペアレンツ”が障壁となり教育の道に進むのを諦めた人も少なくないのでは無いかと感じました。教育に正解は無いのかもしれませんが、教育方法も環境や時代に応じた指導ややり方があるのかもしれませんね。さて、そういった事もあり川岸コーチは現在、選手やスポーツを楽しむ人をサポートする側に周り日々活躍されているみたいです。ケアトレーナーやコンディショニングトレーナーがフォーカスされる場面はまだまだ少ないですが、少しでもフォーカスされる世の中が来るように今後の益々の活躍にも期待したいです。
いかがだったでしょうか?このようにpuramでは色んな経験をされたコーチ達が沢山います。そういった経験や知識をシェアすることによって、少しでも皆様の今後の人生の役に立てれば私達も嬉しいです。以上で川岸コーチのインタビューは終わりです。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こんな川岸コーチのレッスンに興味のある方はこちらから彼のプロフィールを見ることができます。
【puram】川岸直生
コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/13