川岸直生とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、12人目は川岸直生コーチです。
川岸コーチは競泳出身で東京をメインに大手フィットネスクラブでも活動をしながら、今はフリートレーナーとして小学生から高齢者の方まで、初心者からトップアスリートまでのコンディショニングやフィジカルトレーニングも指導されております。また自身も大学4年生まで競泳選手として活躍されており、北海道選手権優勝や北海道短水路新記録更新等の結果も残されております。引退後は選手を支えるサポーターの道を選び、専門学校へと進学し鍼や灸、あん摩マッサージ指圧などの資格も取得されております。今回はそんな川岸コーチの幼少期から高校時代や大学時代、今に至るまでのストーリーを聞いてみたいと思います。

コーチ紹介

川岸直生(カワギシタダオ)
1986年5月生まれ 北海道出身
立命館慶祥高等学校~東海大学~専門学校~独立
本格的に水泳選手としてのキャリアを積み始めたのは中学生の頃という比較的に遅い水泳人生をスタートした彼ですが、持ち前の学習能力や努力を積み重ね、中学2年で初の全国大会に出場。選手としては日本のトップに行けなかった彼ですが、リオ五輪まで金藤理絵選手のトレーナーとして活躍し金メダル獲得、世界一に大きく貢献をした。指導者としての彼の今後の活躍には目が離せません。

インタビュー

インタビュー日(2017-12-16)
▼前回は中高と話を聞いてきましたが、今回は大学を進学されてからのお話を聞かせてください。
分かりました。

▼高校卒業後、大学に進学されると思うのですが、大学に進学されたキッカケは何だったんですか?
もう、それもすごく偶然で、高校の体育の先生が東海大学水泳部のOBの方で、僕が水泳しているのを知っていたので「東海大学の水泳部に良いコーチが居るからどうだ?」みたいな感じで言って頂いて、、、ただ、スイミングでは鹿屋体育大学が組織としても強い大学だから鹿屋に行ってみたらどうだって言われていたんですけどね。たまたま、そういう体育の先生が居たことで大学入るまで無名だったけどオリンピックまで行った今村元気さんの存在を知って、その人が教えてもらっていたコーチが居るところだから「お前も可能性みたいな物を挑戦出来るんじゃない?」って言われて東海大学を選びました。

▼なるほど、チャレンジをしに行ったんですね!東海大学ではずっと寮生活だったんですか?
そうですね、ずっと寮生活をしてました。

▼高校から大学に進学するにあたって環境の変化みたいなのがあったと思うのですが、困ったことなどはありましたか?
そうですね、慣れなんですけど、、、入寮する前に体験で一回練習に行って、初めて寮のご飯も食べたんですけど、多分その時の鮭に当たって…練習に行ったのに急性胃腸炎でほぼ練習をしてないという事件が起きました(笑)なんか寮の洗礼を受けた感じがしましたね(笑)

▼凄いですね(笑)やはり高校と大学のトレーニングもガラッと変わりましたか?
はい、変わりましたね。東海大学って以外に泳ぐチームで、高校までのイトマン宮の森では1コースに16人くらいが最初の30分間は一緒に泳ぐんですよ。なので、ごちゃごちゃした中で泳ぐのでそんなに距離は泳がないんですよね。なので、当時は距離よりも質がメインの練習でした。でも大学に上がってからは量も泳ぐし、質も高いものを求められるし両方なので、練習に慣れるまでは辛かったですね。しかも週11回も練習があるので…なので慣れるしか無かったです。あとは1年生の仕事とかもあるから、そういうのに忙しくしてたら時間が過ぎて行ってたって感じです。

▼寮生活の1年生の仕事とかも大変でしたか?
そうですね、大変でしたね。ただ、決められたことでやらないといけないんだろうなと思ってやってました。なんか嫌だなとか面倒くさいと言うよりも、皆通ってきた道だしやらないといけないんだろうなと思ってやってました。

▼その当時の経験が今生きてることはありますか?
それは、絶対に僕の中で生きていく力になっていると思います。

▼今までずっと水泳をやってきて伸び悩んだりとかスランプとかはありましたか?
僕は元々そんなに速い選手でも無いので、伸び悩んだっていう記憶はあんまりなくてずっと右肩上がりで伸びていった感じですね。だから急にタイムが伸びたとかも無いんですけど、穏やかに緩やかに登っていった感じです。

▼では、ずっとベストは更新してたんですね。
そうですね、大学4年間もベストは更新できていたので、タイムが伸びないからどうしよう?みたいな悩みはそんなに無いですね。それは多分、元々超エリートみたいな選手では無くて、そんなに速くなかったからだと思います。壁にぶつかる程速くなかったから(笑)

▼でも、それはすごい幸せな競技人生ですね。
そうですね、それは思います。

▼水泳は大学で引退されたみたいなのですが、実際にいつ引退されたのですか?
大学4年の夏ですね。インカレ(日本学生選手権水泳競技大会)の時にレギュラーが取れない人はプールから上がらないとダメだったので、インカレの選考会でレギュラーが取れず夏合宿の少し前くらいには上がりました。

▼そうなんですね。では引退するキッカケみたいなのはあったんですか?
ありましたね。まぁ一応なんか僕は最後までやりたくて、チームをインカレ終わるまで水中で支えたかったんですけど、その当時のアシスタントコーチから僕らレギュラーが取れなかった何人かに「お前らいても邪魔だからプールから上がれ」みたいな事を言われて。。。それで喧嘩しそうになったんですけど、同期の仲間と一回ちょっと考えようって、上がることで支えられる事もあると思うから上がろうかって話し合って決めました。でも、それが直接引退しようと思ったキッカケでは無くて、外のプールで練習をしていて、”これが上がる前の最後の練習”って時に、普通なんか引きずったりすると思うんですけど、僕は最後の練習の時に使っていた道具が全部壊れたんですよね。フィン(足ひれ)も破けて、パドル(手のひらにつける板状の物)も縦に割れて、ゴーグルもラストのダイブ(飛び込んでダッシュの練習)の時にちぎれました。なので、それでもう「辞めろって事なのかな?」と思って、それで比較的キッパリ辞めれたというか、「そんな事ってあるのかな?」って思ったんですけど本当に使っていた道具が全部壊れてしまって…それを受けて、やっぱりこのタイミングなんだなと思って引退しましたね。ちょっと不思議な現象ですけど。

▼確かに不思議、、、ちょっと怖いけど全部一気に壊れるって凄いですね。
そうですね。本当に不思議な感覚でしたけどね。

スタッフの意見

高校から大学に進学し様々な環境の変化にも対応しなければいけない中でも、スランプに陥ることもなく常に自己記録を更新し続けていた川岸コーチの水泳人生。惜しくも最後はインカレに出場することは出来ず、プールを上る前にはコーチとの意思の不一致などもあったみたいですが、それでも最後までチームをサポートし淡々と当時の事を話す姿には、どこかやり切ったような感じがした印象でした。また、それが今の川岸コーチの職業にも結びついているのかなとも思いました。それにしても練習最後の日に使っていた道具が全て壊れるという不思議な話にはビックリしました。逆に言えばそれまで川岸コーチの道具達は頑張ってくれていたのかもしれませんね。さて、次で今回のインタビューも最後です。引退を決めてから、今に至るまで、また次はどこを目指して頑張っているのかなど聞いてみたいと思います。

 

こんな川岸コーチのレッスンに興味のある方はこちらから彼のプロフィールを見ることができます。
【puram】川岸直生
コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/13