藤崎和也とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、11人目は藤崎和也コーチです。
藤崎コーチは競泳出身で東京をメインに活動されており、大手スイミングスクールでも指導経験がある元競泳のアスリートです。現役時代には日本選手権に何度も出場しており、国体では群馬県の代表として入賞経験も持っています。一見、話しづらそうに見えても話し出すと色々と親切に話してくれる誠実な藤崎コーチ、スイミングスクールで5年間働いた後に自分の目標や夢に向かって独立をされました。今はまだ独立されて間もないのですが、これからの活躍にも期待のコーチです。
今回はそんな藤崎コーチの幼少期から高校時代や大学時代、今に至るまでのストーリーを聞いてみたいと思います。

コーチ紹介

藤崎和也(フジサキカズヤ)
1990年3月生まれ 群馬県出身
館林高等学校~日本大学~セントラルスポーツ~独立
高校時代から文武両道に励み、常に将来を見ながら進路を決めてきた彼。大学も日本大学に進学をし、特殊な形で水泳部に入部。しかし、そこからの彼の努力は周りの同級生も認めるほどで、めきめきと実力をつけていく。そんな努力も実って大学2年では日本学生選手権でもB決勝に残る結果を残した。目標に向かって努力を惜しまない、真面目で誠実な彼の今後の活躍にも期待。

インタビュー

インタビュー日(2017-11-19)
こんにちは。まずは自己紹介をおねがいします。
こんにちは。藤崎和也と言います。年齢は27歳で、日本大学で水泳を4年間やっていました。卒業後はセントラルスポーツでインストラクターを中心に5年間働き、その後キッカケがあり退職し、フリーランスとして活躍していきたいと言う夢がありましたので、今は水泳のインストラクターを含め色んな所で働いています。

▼出身はどちらですか?
群馬県の館林市と言う所で、毎年夏に暑さでニュースになる所です。毎年熊谷市と競ってます。(笑)

▼なるほど(笑)。水泳は幼い時からやっていたと思うのですが、水泳を本気で始めたキッカケは何ですか?
一応、3年生の終わり頃なんですけど、地元に1つしかない小さいスイミングで友達と一緒にレッスンに通っていて、たまたま二人とも選手育成コースの担当コーチからお手紙をもらって「1週間選手育成コースを体験しませんか?」と。それで1週間、友達と体験してみて「せっかくここまでやったからもう少し続けてみようか?」と言うかたちで選手育成コースに入りました。最初はそこまで本気ではなく、他にスポーツの習い事が無かったので、水泳をやってみようという感じでした。

▼小学校3年生で選手コースに上がった感じですか?
もう、小学校3年生の終わり3月頃なのでほぼ4年生ですね。

▼選手育成コースの前は何歳からスイミングに通っていたのですか?
一応、幼稚園の年長なので5歳位ですかね。そこから通いはじめて、選手コース入る前は4種目が泳げるコースに入っていました。

▼なるほど。では、選手コースに上がる前と上がった後で何か変化はありましたか?
そうですね、まず今までは1時間のレッスンが週に1回だけだったのですが、選手コースに入った瞬間に週4回に増えました。なので、まずは今までの4倍は水泳に対する時間が取られるのと、後はやっぱ1時間みっちりひたすら泳ぐので、友達とアイコンタクトを取りながらちょくちょくトイレに逃げ込んでサボったりしてました。(笑)

▼その時から練習はキツいイメージだったんですか?
そうですね、それまでの10倍とかいきなり泳いでいたので…なのではじめは休み休み1ヶ月くらい耐えながら慣れていきました。

▼その当時は水泳以外に何か習い事は習っていたのですか?
習い事としては“そろばん”とかですかね?もうスポーツ系は水泳しか習ってなかったので。

▼そうなんですね。では計算とか早いんですか?
そうですね、暗算とかは得意でしたね。今はそこまでですが、比較的計算は得意な方です。

▼その他、小さい時の思い出とかありますか?
ひたすら、とりあえず走り回っていた記憶があります。家の中とかでも結構動き回っていて、小さい時とかは椅子からジャンプした反動で歯が抜けたりしてました。(笑)なので結構やんちゃ坊主って感じだったと思います。親からも「手のつけようが無かった」とか言われてたので(笑)

▼なるほど、では家で何かをするよりもよく外で遊ぶ子供だったんですね。
そうですね、小学校の帰りとかも友達とどっかに寄ってから帰るみたいな感じだったと思います。休み時間もだいたいサッカーしたり何か他の遊びをしていたので。本当は水泳の選手コースに上る前はサッカー選手が夢みたいな感じで、小学生の時の作文とかにも書いてました。習ってはいなかったんですけど、サッカーが好きで暇があれば友達とボール遊びって感じでした。

▼そうなんですね。では水泳じゃなくサッカーを選んでいたらまた違った人生だったかもしれないですね。
そうですね。(笑)

スタッフの意見

小さいときは活発だった藤崎コーチ。たまたま近くにあったスイミングスクールでたまたま選手育成コースに誘われた事がキッカケで藤崎コーチの水泳キャリアがスタートしたみたいです。でも実はサッカーが好きだったようで…インタビューをさせて頂いた私の意見としては、どちらを選んでいても真面目にスポーツと向き合う藤崎コーチなら、トップまで極めていたのでは無いかと感じました。このように些細なキッカケでその先の人生も変わってくると考えると、人との出会いや周りの環境はすごく重要になってくるんだなと思いました。皆さんもたまには、自分の周りにはどんな人が居て、今自分はどんな環境に居るのか?考えてみるのも良いかもしれませんね。それがこの先の人生に大きな影響を与えるかもしれません。
さて次回は、そんな藤崎コーチが選手育成コースに上がってからどんなトレーニングを行なっていたのか聞いてみたいと思います。

 

こんな藤崎コーチのレッスンに興味のある方はこちらからプロフィールを見ることができます。
【puram】藤崎和也コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/21