川岸直生とは?

puram(プラム)コーチのストーリー、12人目は川岸直生コーチです。
川岸コーチは競泳出身で東京をメインに大手フィットネスクラブでも活動をしながら、今はフリートレーナーとして小学生から高齢者の方まで、初心者からトップアスリートまでのコンディショニングやフィジカルトレーニングも指導されております。また自身も大学4年生まで競泳選手として活躍されており、北海道選手権優勝や北海道短水路新記録更新等の結果も残されております。引退後は選手を支えるサポーターの道を選び、専門学校へと進学し鍼や灸、あん摩マッサージ指圧などの資格も取得されております。今回はそんな川岸コーチの幼少期から高校時代や大学時代、今に至るまでのストーリーを聞いてみたいと思います。

コーチ紹介

川岸直生(カワギシタダオ)
1986年5月生まれ 北海道出身
立命館慶祥高等学校~東海大学~専門学校~独立
本格的に水泳選手としてのキャリアを積み始めたのは中学生の頃という比較的に遅い水泳人生をスタートした彼ですが、持ち前の学習能力や努力を積み重ね、中学2年で初の全国大会に出場。選手としては日本のトップに行けなかった彼ですが、リオ五輪まで金藤理絵選手のトレーナーとして活躍し金メダル獲得、世界一に大きく貢献をした。指導者としての彼の今後の活躍には目が離せません。

インタビュー

インタビュー日(2017-12-16)
▼初めまして、今日は宜しくお願い致します。まずは自己紹介をおねがいします。
宜しくお願いします。名前は川岸直生と言います。年齢は31歳で北海道の札幌市出身です。元々はイトマン宮の森というイトマングループのスイミングに所属して水泳をしていました。

▼いつ関東に来られたんですか?
大学の時に関東に出てきたんですけど、高校は札幌にある立命館大学の付属校でした。

▼そうなんですね。そもそも水泳を始めたキッカケは何だったんですか?
いや、多分もうベビースイムみたいなので始めたと思うんですよね。だから0歳から始めて…ただ、3歳の時に一回水泳を辞めてましたね。

▼それはなぜ一度辞めたんですか?
実家が商売をやっていて、引っ越しとかで家が遠くなってしまったんですよね。それで通うのが大変になって一度辞めたんだと思います。

▼なるほど。そこからまた水泳を再開したのは何歳の時ですか?
また始めたのが小学校1年生の時ですね。近くにたまたまスイミングが出来たので、小学校1年生~6年生の途中くらいまでは通っていたと思います。

▼という事は3歳で一度辞めてから間空いてたんですね。
そうですね、間は結構空いてました。はじめはまた違うスイミングに通っていたんですけどね。

▼そうなんですね。その他って水泳以外に何か習っていたんですか?
その他は特に習い事としては、運動をするって事は無かったんですけど、左利きだったので少年野球に誘われたりとか、そういうのでちょっとやったりはありました。でも、結局は続かなくて水泳が自分の中で一番面白かったんだと思います。

▼なるほど。小さい頃はどんな子供でしたか?
小さい頃は…北海道は雪とか降るんですけど多分、外で遊ぶのが好きだったので、ずっと外で遊んでた記憶があります。

▼では基本的には運動とか身体を動かすことが好きだったんですね。
そうですね、ただ兄弟が居なかったので家に居てもあんまり面白く無いから外に行って、友達と一緒に遊んでたほうが楽しかったです。

▼ずっと一人っ子ですか?
そうですね、ずっと一人っ子ですね。

▼という事は小さい頃は親御さんがスイミングに連れて行ってくれてたんですね。
そうだったと思います。あんまり記憶は無いんですけどね…3歳くらいだったので。ただ、小学校からはもう自分で行くようになりましたね。スイミングも家から近かったので。もう歩いていける距離でした。ただ、そこのスイミングが選手コースが無くて…だから選手なれるとか選手コースというのが水泳にあるのが知らなかったんですよね。

▼そうなんですね!では、ずっと本科コースとかで泳いでいたんですか?
そうですね、もう普通のスクール生みたいな感じでした。スイミングによくある級みたいなものは、もう小学校2年生の時に終わってたんですけど、そこからずっとスクール生として通っていました。

▼スクール生として泳がれていて、いつから選手コースとかに移動されたんですか?
多分、小学校6年生くらいになった時にちょうど、テレビで水泳のオリンピックか世界選手権みたいなのがやっていて、「こういう選手みたいなのがあるだ」って言うのを初めて知ったんですよね。おそらく林享さん(当時のオリンピック選手)とかが出場されていたと思います。それで選手っていうのがあるんだったら自分もやってみたいと言う気持ちで、イトマン宮の森に移籍した感じですね。

▼それが小学校6年生の時ですか?
それくらいだったと思います。もう小学校も終わりくらいの時期だったと思います。

スタッフの意見

たまたまテレビで競泳の大会を見たのをキッカケに選手コースを目指し始めた川岸コーチ。それまでは水泳に選手コースがあるのを知らなかったみたいです。それも周りの環境で身近になかったからなのかなと、同時にもっと早くに選手コースがある事を知っていたらまた人生も変わっていたのではないかと思いました。タラレバの話ですが、小学生2年生でスイミングのテストを全てクリアしていたので、もう少し早くから本格的に競泳を始めていたら…と。それも人生ですが、幼少期の環境は本当に大事なんだなと感じさせられました。次回は自然と水泳と出会い、水泳にハマっていった川岸コーチの選手時代についてもう少し詳しく聞いてみたいと思います。

 

こんな川岸コーチのレッスンに興味のある方はこちらから彼のプロフィールを見ることができます。
【puram】川岸直生
コーチ
https://puram.jp/coach-profiles/13